どんどん進歩していく治療薬

新薬の開発に合わせて医師も薬について学ぶ必要がある

薬を調剤して患者さんに出すのは薬剤師の仕事ですが、患者さんに対してどの薬が一番あっているのかを決めるのは医師の仕事となります。
現在では一つの疾患に対しても様々な治療薬が開発されており、日々新薬ができている状態です。このためどんどん進化していく治療薬について医師は日々勉強していかなければなりません。特に新薬については、良い点だけではなく副作用もあることをしっかりと患者さんに伝えることで、患者さんとの信頼関係を築くことができます。医療の現場においては医師の技量や知識なども必要ですが、一番大事なことは患者さんから信頼されることです。新しい治療薬の処方を出来るようになるためにも毎日勉強し続けることが大事です。

治療薬の処方は薬剤師と連携して

患者さんに対して処方する治療薬について、わからないことがある場合には、医師が薬剤師のアドバイスを求めることも大事です。
医師と薬剤師で連携を持つことは現在主流となりつつあるチーム医療では常識ですから、患者さんに本当にその薬を処方して良いのか、事前に話し合いをすることも必要です。昔は医師と薬剤師の関係は薬剤師に医師が従うというのが一般的でしたが、現在ではそれぞれ独立した専門職として立場が確保されているので、それぞれの業務に干渉しない程度の連携が大事になってきます。新しい治療薬がどんどん増えている現在においては、医療現場でチーム医療できているか否かが鍵となりますから、医師の方はぜひひとりよがりにならない医療を心がけましょう。