医師の一般的な勤務体系

日勤だけではない医師の勤務体系について

医師の勤務体系というと日勤のみを想像される方も多いですが、実際には様々な勤務体系が存在しています。
クリニックや医院などの開業医や、病院などに勤務する勤務医ではほとんどが診療時間内のみ勤務する日勤ですが、世の中には数多くの医療機関があり、24時間診療をしているところもあるので、必ず夜勤をしていたり当直勤務をしている医師がいます。当直や夜勤については交代制で行っている医療機関もあれば、外部の医師をアルバイトとして招いている医療機関などもあります。当直や夜勤以外にも、学校や企業などでおこなう健康診断の検診などがあるので、医師の勤務体系はいろいろな勤務時間があるのです。賃金についても勤務体系で変わることがあります。

医師のアルバイトについて

医師の勤務体系は多様化する一方ですが、その中でも特に多様化が進みつつあるのが医師のアルバイトです。
医師のアルバイトとは、日勤で勤めているあるいはフルタイムで働いている医療機関以外の場所で勤務することであり、一回の勤務あたりでいくらという具合に賃金が発生します。夜勤専門のアルバイトもあれば、健康診断で短時間働くアルバイトなどがあります。医師のアルバイトは普段の勤務時間の空いた時間に行うことが多く、副業を禁じられている病院以外は自由に働いて良いことになっています。医師のアルバイトはかなり待遇が高く、専門医ならば破格の待遇で雇っている場合があります。多様化する医師の勤務体系の中には、アルバイトという勤務方法もあるのです。